« エレジー(1)~2008.8.27の記事~ | トップページ | エレジー(3)~2008.8.27の記事~ »

2011年1月15日 (土)

エレジー(2)~2008.8.27の記事~

思いの強さと音の大きさとは比例しません。左手がロシアの荒野のような情景であるならば、右手の第一音のGesは、その情景の中に佇む人の心を表しています。取り乱してはいない、でも思い出す度胸が締め付けられて、心の置き所がなくなってしまうような思い…Ges音にその思いを捧げるのです。強烈な思いではあってもフォルテではないその音を、消えていく音の襞まで聴き入ります。あくまでも冷静に、自分の心の中にだけ存在するその人のことを思いながら…

現実を見つめているのではないそのメロディーは、微妙に様々な変化をしていきます。悲しみ・やるせなさ・無機質な波のような動き…その中にほんの少し、希望の光が差し込む場面があります。

|

« エレジー(1)~2008.8.27の記事~ | トップページ | エレジー(3)~2008.8.27の記事~ »

ピアノ」カテゴリの記事