« エレジー(4)~2008.9.5の記事~ | トップページ | レチタティーヴォとアリア(1)~2010.9.25の記事~ »

2011年1月29日 (土)

エレジー(5)~2008.9.5の記事~

エレジー(5)

少女のあどけない可愛らしさ、穢れのない澄んだ瞳は本当に一時だけの脆く儚い美しさです。60小節目の3拍目の左手から右手にわたるアルペジォに、私は特にその美しさを感じるのです。高らかに歌い上げるのではなく、控えめでありながら可憐で凛とした存在感がある…55小節目3拍目からと59小節目3拍目からはほぼ同じ音型ですが、前者が暗く沈んだ地声のような響きの為、このアルペジォは救いの光のようにより美しく、印象的に響きます。

63小節目の3拍目からは凄まじいエネルギーでクライマックスまで引っ張られていきます。クライマックスへ向かう以外の道は全く示されてはいない、もう運命を受け入れるしかないというような、覚悟を必要とするところです。70小節目からのクライマックスは時空間を超えていくようなフォルティッシシモです。大自然のあまりの雄大さ、悠久という時を凝縮したものが、このクライマックスに示されているようです。ピアノ一台の演奏が、数十人のオーケストラを超えるスケールとなる瞬間です。

(エレジー6へ続きます)

|

« エレジー(4)~2008.9.5の記事~ | トップページ | レチタティーヴォとアリア(1)~2010.9.25の記事~ »

ピアノ」カテゴリの記事