« 熊と私(2) | トップページ | 呟き »

2011年4月25日 (月)

熊と私(3)

「…あなた達とのお喋りは楽しいけど、お家のことをいろいろとやるのは大変ね」

「ママが帰ってきたら、熊くんとどんなことしてきたか聞いても良い?」

「あら、それはダメよ。秘密って約束だもの」

「でも熊さんは喋ってるじゃない」

「そうだった…それを言われると弱いわね。わかったわ。入れ替わる時にあなた達のママに話しておくから」

「ありがとう。楽しみだなぁ」

「さぁ、もうそろそろ寝ましょうね。あなた達が起きる頃には本当のママが戻ってきているわよ。秘密を喋ってしまったから、残念だけどもう取りかえっこは出来ないわ。あなた達ともお別れね」

「そんな…もう逢えないの?」

「ごめんね。もう来られないの。でも時々、私の代わりに妖精さんに、あなた達の様子を見に来てもらうわ」

「わぁっ!今度は妖精さんが来てくれるの?」

「ええ。だから寂しくないでしょう?安心してお休みなさい」

「わかった…熊さん、お休みなさぃ…」

「お休みなさい、可愛い子達。あぁ…もう眠ってしまったのね。あなた達のことは忘れないわ。さようなら。元気でね」

(終わり)

|

« 熊と私(2) | トップページ | 呟き »

物語」カテゴリの記事