« 光の橋~2008.10.14の記事~ | トップページ | 高瀬舟(2)~2008.10.20の記事~ »

2011年5月21日 (土)

高瀬舟(1)~2008.10.18の記事~

祖母がまだ生きていた頃、夜中に祖母の部屋のベッド脇に座って過ごすことがありました。日中寝過ぎてしまい、眠れなくなった祖母と、超のつく程の夜更かしだった私…祖母の部屋の前を通る時、たいてい声がかかります。ベッド脇に椅子を運んで腰掛け、たわいもない話をしながら、お互いに自然な眠りが訪れるのを待つのが常でした。

或る時、祖母が珍しく「何か本を読んで欲しい」と言いました。その時ふと思いついたのは森鴎外の「高瀬舟」でした。誰かの為に朗読するということに少し緊張しながらも、丁寧に心を込めて読みました。最後の一文を読み終えても祖母は何も言わず、目を閉じています。眠ってしまったのかと覗き込むと、何と祖母は泣いていました。

|

« 光の橋~2008.10.14の記事~ | トップページ | 高瀬舟(2)~2008.10.20の記事~ »

」カテゴリの記事