« 忘れ去られたキャンディー(1) | トップページ | レチタティーヴォとアリア(5) »

2011年5月31日 (火)

忘れ去られたキャンディー(2)

もし人間の子供が「あっ!こんなところにキャンディーがあった!」って食べてしまっても、中身は虫だなんて、気づかないかもしれないね。このキャンディー、シャリシャリしてるなぁと思ったら、それは何十本もある虫の脚かもしれない。ママも間違えて食べちゃったことあるかも…

その虫、キャンディーだけでなく、チョコレートも大好きなんだって。中に生キャラメルやクリームの入ったものが特にお気に入りで、クリームの中にドップリ浸かりながら、沢山ある脚でかき集めてベロベロ舐めまわしてるんだって。クリームを食べて大きくなった虫は、体も柔らかくて、かじった時の食感もそっくりらしいから、知らないで食べてしまってもますますわからないね。こっそりチョコレートを割ってみたら、クリームの部分いっぱいに大きくなった虫が、口だけ動かして出てくるかもしれない。

そのキャンディー、食べる前に、中に虫が入っていないか確かめたほうが良いんじゃない?今割ってあげるから…

「うわぁ~!やめて!割らないで!」

(終わり)

|

« 忘れ去られたキャンディー(1) | トップページ | レチタティーヴォとアリア(5) »

物語」カテゴリの記事