« 永遠のソナタ~2008.11.22の記事~ | トップページ | 祖父の背中~2008.11.24~25の記事~ »

2011年8月15日 (月)

マドリードで昼食を~2008.11.22の記事~

まだ喧騒前の早朝のマドリード駅で、私達は眠い目を擦りながら朝食を摂っていました。グラナダから寝台列車に乗り、明け方にマドリードに着いたばかりだったのです。日本でも乗ったことのない寝台列車にワクワクしてしまい、良く眠れませんでした。

朝食が簡素なものだったので、普段なら昼食を少し豪華に…と考えるところです。でも、この日の昼食はMcDonaldと決めていました。理由は、世界一豪奢なMcDonaldがあると聞いていたから…

そこは元宝石店だったそうで、佇まいから違いました。中に入ると床は大理石、天井からは煌びやかなシャンデリアが吊され、イートインコーナーは、螺旋階段を昇った2階にありました。豪華な内装であっても、そこはMcDonald、メニューはごく普通なので、何だか安心してしまい、くつろげました。

宝石店や高級ブランド店は、1階が一般的な店舗で、2階がお得意様の為の空間という作りが多いですね。かつては特別な人の為の場所だったのかもしれないなぁ…と思いながら、ハンバーガーを頬張る私達なのでした。

チェーン店ではあっても、やはり地域や国によって違いがあるようです。パリのMcDonaldに入った時は、定番のメニューの他に、ワインやミネラルウォーター、生野菜のサラダ等があって驚きました。フライ類も国によって微妙に違うようです。どこの国か忘れてしまいましたが、チキンナゲットの箱を開けたら、竜田揚げのように大きい塊がゴロゴロ入っていたこともありました。世界各国のMcDonaldを巡るのも、面白いかもしれません。

|

« 永遠のソナタ~2008.11.22の記事~ | トップページ | 祖父の背中~2008.11.24~25の記事~ »

自然、旅、味」カテゴリの記事