« オーラに包まれて(2)~2008.12.6の記事~ | トップページ | 夏の終わりの独り言(長女の空想より) »

2011年8月16日 (火)

オーラに包まれて(3)~2008.12.6の記事~

演奏中のA.S先生のオーラがあまりにも強烈でしたので、私は譜めくりをする度に、そこに割って入るようで、申し訳ない気持ちになりました。少しの邪魔にもならないように、自分を消し、全身全霊で先生の演奏と呼吸を感じ、溶け込みながら譜をめくるよう心がけました。全てのプログラムが終わった時には、私は気力を使い果たしてヘトヘトでした。

間近で凄まじいオーラを感じたことは、その前にもありました。V.G先生にレッスンして頂いた時です。先生が入っていらしただけで、20畳程もある部屋の空気が一変し、そこに存在するもの全て(人も物も)が先生そのもののようになりました。その時は先生が恐ろしくさえ感じました。

V.G先生もA.S先生も、普段のお姿はとても暖かく柔らかい雰囲気でいらっしゃるのです。それがひとたび演奏となると、神秘のヴェールに纏われたようなオーラを発されるのです。あのオーラを感じ、同じ輝きの中に身を置くことが出来ただけで、私はとても幸せでした。

|

« オーラに包まれて(2)~2008.12.6の記事~ | トップページ | 夏の終わりの独り言(長女の空想より) »

私の考え」カテゴリの記事