« 贅沢な音 | トップページ | レナちゃんのストラップ(長女のお話し1)~2010.10.10の記事~ »

2011年9月 2日 (金)

忘れた頃に

auブログの頃から、長女の空想のようなお話しを、メモをしながら加筆しまとめ、皆様に読んで頂いておりました。この2年半の間に、10話程載せているでしょうか。

去年の夏、小学生となって初めての夏休みの宿題の一つに、自由研究がありました。一覧表の中から、長女は童話を書く課題を選び、一生懸命考えていました。夏祭りに行ったことをヒントに「レナちゃんのストラップ」というお話しを書いて提出したのですが、もう応募したことすら忘れていた12月の或る日、仙台市賞を戴きました。

今年もまた新しいお話しを提出する予定でおりましたが、ラストが上手くまとまらず、間に合わなくなってしまいましたので、やはり以前ブログに掲載させて頂いた、スイスのお友達のところへ、主人公が一人で逢いに行くお話しを、長女自身の言葉で、主人公の名前もタイトルも変更して清書しました。いつも思いつくままに喋り、後で私が携帯でまとめたものを読み聞くのと違い、原稿用紙に何枚も書くのはかなり大変だったようで、書き上げただけで長女は大満足の様子でした。

「レナちゃんのストラップ」を続けて掲載させて頂きたいと思います。

|

« 贅沢な音 | トップページ | レナちゃんのストラップ(長女のお話し1)~2010.10.10の記事~ »

物語」カテゴリの記事