« 内在するテンポ(2)~2008.12.16の記事~ | トップページ | 内在するテンポ(4)~2008.12.17の記事~ »

2011年10月 6日 (木)

内在するテンポ(3)~2008.12.16の記事~

ベートーヴェンの音楽は、このテンポシステムには合いませんでした。この比率は古典の特徴の一つではありますが、やはり限られてしまう為、メトロノーム表記をしたいとベートーヴェン自身が希望しています。

基準となるTEMPO ORDINARIOがわかったところで、次に、曲の内容を見て、その基準からどのように変化させるべきかを考えていきます。

バッハのインヴェンションは、15曲中7曲が4分の4拍子です。このテンポシステムに従うと、7曲とも同じテンポということになってしまいます。これではいけません。そこでTEMPO ORDINARIOを基準とし、次の4つの項目を見ていきます。

|

« 内在するテンポ(2)~2008.12.16の記事~ | トップページ | 内在するテンポ(4)~2008.12.17の記事~ »

ピアノ」カテゴリの記事