« 無意識が綾なすもの(4) | トップページ | お菓子の家~2008.12.27の記事~ »

2012年8月29日 (水)

仲良し3人組

「あれ~!ナナちゃん、久し振り」

「あっ!ココちゃんじゃない。ミミちゃんも」

「3人揃うなんて偶然ね」

「ねぇねぇ、どこかでお茶でもしていかない?」

「しようしよう!ここに入らない?」

「座り心地良くて、のんびりしちゃうなぁ」

「・・・それにしても、3人で食事してるのに全然気づかないなんて・・・鈍いのかな」

「良い場所見つけたねっ」

「今度またここで待ち合わせしようよ」

「うん!じゃあ来週またこの場所でね」

「バイバ~イ!!」

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

先日、主人の実家の庭で蝉取りをしていた長女が「痒い、痒い」と家の中に戻ってきました。虫除けスプレーをしてから庭に出たのですが、それでも足を8ヶ所も蚊に刺されていて、そのうち3ヶ所は左膝の横に集中していたので「蚊のお友達同士で偶然逢って、ここでお茶していかない?って○○(長女の名)の血を吸ってたんじゃないかな」と言ったらとても面白がったので、ちょっとだけ会話を作り、枕元で読み聞かせてみました。

「○○達、来週はいないのに、どこで待ち合わせしてるんだろうね?」と長女も次女も眠りにつくまでずっと気にしていました。

|

« 無意識が綾なすもの(4) | トップページ | お菓子の家~2008.12.27の記事~ »

物語」カテゴリの記事