« 仲良し3人組 | トップページ | 新しい朝~2009.1.3の記事~ »

2012年9月19日 (水)

お菓子の家~2008.12.27の記事~

ヘンゼルとグレーテルのお話しを読んで、お菓子の家に憧れたのは、いつの頃だったでしょうか。全てがお菓子で作られた一軒家・・・美味しそうなところを選んで好きに取って食べられたら良いなぁ・・・と、いつも思っていました。大人になってからはその憧れは形を変え、いつか自分でお菓子の家を作ってみたいと思っていました。

一昨日のクリスマスの日、長女のお友達親子が遊びに来ました。いよいよお菓子の家を作るのです。前の晩のうちに、スクウェア型で焼いておいたスポンジケーキを4等分し、パーツに切り分けてクリームで接着しながら重ねていきました。お家の形になったところで、スポンジ生地が見えないように全体にクリームを塗ります。屋根部分に切り分けておいた煙突をつけて、クリームでコーティングすれば、土台の出来上がり。ここからは子供達の出番です。

飾り付けはカラフルな6色の星形、宝石のようなビーズ、ピンクと銀のプチアラザン・・どれもお砂糖の華やかなトッピングです。チョコレートペン、生クリーム絞り、セットになっているケーキ用の飾りも用意しました。長女とお友達だけでなく、2歳の次女も参加したので、どうなることかと思いましたが、予想に反して、丁寧に、バランスを考えながら飾り付けしています。十数分後、賑やかな可愛いお菓子の家が出来上がりました。写真に収めた後、早速皆で切り分けて戴きました。

子供達はとても楽しんでくれていましたが、それ以上に私自身が満たされた思いです。小さい頃の夢が叶ったようで、とても嬉しく、楽しいひと時でした。来年はお家だけでなく、樅の木や雪だるま、お家に続く小径等も作れたら素敵だなぁと、楽しい空想を今から膨らませています。

|

« 仲良し3人組 | トップページ | 新しい朝~2009.1.3の記事~ »

日常」カテゴリの記事