« 仕事としての演奏(4)~2009.3.20の記事~ | トップページ | 南太平洋~2009.3.22の記事~ »

2013年4月24日 (水)

仕事としての演奏(5)~2009.3.20の記事~

音高音大と、クラシック音楽の中で過ごしているうちに、いつの間にか、クラシック音楽至上主義のようになっていたのだと思います。自分でも無意識のうちに「クラシック音楽が一番素晴らしい」と思い、自惚れていたことを、この経験が自覚させてくれました。様々なジャンルの中の一つとしての音楽、その中で更に枝分かれした一つのクラシックを、普通の人より余分に勉強しただけなのです。そのことに気づかせてくれたこと、即興やアレンジ(編曲)の奥深さや面白さを知ることが出来たこと・・・現役の音大生の時に気づかせてもらえたことは、私にとって何よりの収穫でした。

ピアノ講師となってからも、また別の生演奏の仕事をしていました。そのことについては、また改めて書かせて頂きたいと思います。

|

« 仕事としての演奏(4)~2009.3.20の記事~ | トップページ | 南太平洋~2009.3.22の記事~ »

私の考え」カテゴリの記事