« 仕事としての演奏(2)~2009.3.14の記事~ | トップページ | 仕事としての演奏(4)~2009.3.20の記事~ »

2013年4月24日 (水)

仕事としての演奏(3)~2009.3.16の記事~

生徒さん達にとっては、カラオケのような移調奏は出来て当たり前で、私にとっては大変なことだということや、或る程度練習してきていることも、全く御存知ないのです。カラオケ機材と同じ扱い、同じ存在感でした。レッスン時、何でもないかのように生徒さんに合わせて伴奏をしていましたが、内心は冷や汗をかいている時も多々ありました。

もう一つのバイトの予備校は、普段は事務をしており、一般教養として必要な時に演奏をしていました。例えば、アトランタの知識の一部として、映画音楽「風と共に去りぬ」を演奏します。生徒さん達にとって、必要な膨大な知識の中のほんの一部として、音楽がありました。

|

« 仕事としての演奏(2)~2009.3.14の記事~ | トップページ | 仕事としての演奏(4)~2009.3.20の記事~ »

私の考え」カテゴリの記事