« ペダルの融合(4)~2009.3.6の記事~ | トップページ | 仕事としての演奏(1)~2009.3.14~ »

2013年4月13日 (土)

ペダルの融合(5)~2009.3.6の記事~

1小節目は右手左手共に属7の和音の音のみ、3小節目はⅠのみ、5小節目はⅡのみ・・・というように構成されていますので、響きが濁ることはありませんが、共鳴も意識して、大味なペダリングとならないように気をつけなくてはいけないと思います。音楽と共に、ペダルにも絶えず動きがあります。一拍目のベース部分は或る程度踏み込みますが、続く和音部分は、ベース音を残しながらも、薄付きのようなペダルにすることで、右手左手共に生かされるのではないでしょうか。

以前、S.D先生の公開レッスンを聴講させて頂いた時、平均律のフーガを全くのノーペダルで弾いた方がいらっしゃいました。先生は驚かれ「何故バッハを弾くのにペダルを恐れるのですか」と仰いました。そしてペダルをつけてもう一度弾くようにと促されました。フーガはペダリングの中でも究極のものです。何声ものメロディーが入り混じり、それら全てを生かすペダルをつけるのは至難の業です。

(ペダルの融合6に続きます)

|

« ペダルの融合(4)~2009.3.6の記事~ | トップページ | 仕事としての演奏(1)~2009.3.14~ »

ピアノ」カテゴリの記事