« 何気ない言葉~2009.2.26の記事~ | トップページ | ペダルの融合(4)~2009.3.6の記事~ »

2013年4月13日 (土)

彼女の空腹を満たすもの~2009.2.28の記事~

T.カポーティー「ティファニーで朝食を」

”旅行中”と記された名刺を持ち、荷物はスーツケースと、開かれていないいくつかの梱包箱だけ。霞のように可憐で天真爛漫で、生活というものを感じさせない人・・・初めて原作を読んだ時、きっと私も「僕」だったなら、気まぐれなシャム猫のような彼女に魅了され、彼女と逢えなくなっても、心の中にいつまでもその存在を留めているだろうと感じました。

初めて原作を読んだのは10代の頃でしたが、そのイメージを何年も抱いていた為でしょうか。初めて映画で、オードリー・ヘップバーン演じるホリーを見た時は、原作のイメージと少し違うような気がしました。

いつ何処へ行ってしまうかわからない・・・いつ目の前から消えてしまうかわからない・・・そんな危うい存在感がホリーの魅力の一つではないかと思われるのですが、原作と違うラストといい、その危うさ脆さがあまり感じられませんでした。あくまでも私個人の感想ですが・・・

「僕」の部屋を初めてホリーが訪れ、お腹が空いたと言うシーンがあります。その彼女に対し「僕」が勧めたのは、林檎を盛った鉢だったのですが、初めて読んだ時、10代で食べ盛りだった私は「有り得ない」と思ってしまいました。お腹が空いている時は、炭水化物系が食べたくなるものではないでしょうか。空腹時に林檎・・・今考えても有り得ません。でも、それがまたホリーらしく、似合っているのかもしれません。

最近久し振りにこの本を読み返しましたが、食べ盛りの頃のようにこのシーンに惑わされることなく、物語の魅力を堪能出来ました。同じ本であっても、10代20代30代では感じる部分もかなり違うのでしょう。それにしても、初めて読んだ時に一番印象に残ったのが林檎のシーンというのも、いかにも食いしん坊といった感じで恥ずかしいものです。

|

« 何気ない言葉~2009.2.26の記事~ | トップページ | ペダルの融合(4)~2009.3.6の記事~ »

」カテゴリの記事