« 音楽の背景に(1) | トップページ | 音楽の背景に(3) »

2013年6月19日 (水)

音楽の背景に(2)

内容が専門的過ぎただろうか・・・と心配になった私にその方は「その歌詞や場面を意識して弾いた時と、意識しないで弾いた時と、どのくらいの違いがあるのか聴き比べてみたいのですが・・・先生、失礼なお願いかもしれませんが、両方弾いて頂けないでしょうか」と言われました。

その時、私が例としてお話ししていたのは、講座の膨大な内容から二つ、一つは以前「痛みの音」という記事で書かせて頂いた、バッハの平均律のテーマが、ヘンデルやモーツァルトによって転用され、そのテーマ最後の減7度音程の部分に「傷」「鞭打ち」という歌詞がついている為、その響きをイエスの受難の痛みとして意識することによって、フレーズの表情となるということ、もう一つは、ベートーヴェンのソナタOp.110の3楽章の中の、受難曲のアリアのようなフレーズ、J.D先生が「エリ、エリ、レマサバクタニ」(我が神よ、何故私をお見捨てになったのですか)という歌詞がふさわしいと仰り、十字架上のイエスの最後の言葉のように意識することによって、その前後のイメージも膨らみ、受難の一場面のように感じられるというものでした。

|

« 音楽の背景に(1) | トップページ | 音楽の背景に(3) »

ピアノ」カテゴリの記事