« 2013年11月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月12日 (土)

ペダルの融合(12)~2009.5.3の記事~

何年も経った今になって、理解だけは出来るようになりましたが、先生が楽譜に書き込んで下さったメモ、レッスン風景を録画したビデオ、そういったものを改めて見直しながら、一つ一つ思い出し、再現し、自分のものとしていくのはこれからです。気の遠くなるような工程ではありますが、何年かかってもやりたいと思っています。今は細々としか出来ないのですが、それを理解して下さっているA.M先生に、帰省の度にレッスンして頂くのを目標としています。そしていつかまた、H.K先生にレッスンをお願いしたいと思っています。自分自身の為、そして偉大な先生方のレッスンや講座との出逢いの為に、これからも日々学びを積み重ねていきたいと思います。

| | トラックバック (0)

ペダルの融合(11)~2009.5.2の記事~

音高音大の7年間、そしてその前の受験準備期間の3年間のおよそ10年を振り返ってみると、S.D先生の御言葉ではありませんが、弱音ペダル禁止令が、暗黙の了解であったように思います。受験の課題曲3曲共、只の一度も弱音ペダルを踏むように言われたことはありませんでしたし、それは音高に入ってからも同じでした。指で表現するべき弱音をペダルで助けるのは怠けている・・・というような雰囲気がありました。ダンパーペダルについては様々な先生に細々と指導して頂きましたが、弱音ペダルはそうではありませんでした。その頃からキャリアを積んでいたら、N.S先生のレッスンの時、もっと沢山の素晴らしいペダリングを教えて頂けたのではないかと、それだけが悔やまれます。以前書かせて頂いた記事「エッセンス」と少し重複してしまうかもしれませんが、あの時の私には、先生の素晴らしいペダルのイメージ、独立した芸術とも思われる程の技術を受け取れるだけの下地がなかったのです。

| | トラックバック (0)

ペダルの融合(10)~2009.5.1の記事~

N.S先生とS.D先生のレッスンを経て、手よりもペダルのほうに神経が集中してしまう時期がありました。その頃聴きに行ったピアノ・リサイタルでも、ついペダルばかり見聴きしてしまっていたのですが、いつも驚く程ペダルが駆使されていました。それはトレモノのように細やかで繊細な動きであったり、ベースの雄大な響きを助けるような深い踏み込みであったり、自然な和音解決にひっそりと添えられたものであったり・・・ほんの一音、余韻の最後の波動に至るまで、文字通り隅々まで両方のペダルが生かされていたのです。キラキラと舞い散るようなパッセージも、唯の一音も混じり合うことなく美しく響いたかと思うと、ベースと、或いは隣り合う音と微かに混じり合い、違う色合いを見せることもありました。それら全てがペダルでコントロールされていたのでした。そして両足共、それだけ駆使されていながら、コトリとも音がしませんでした。完全に足先とペダルとが一体となっていたのです。どうしてこれ程重要な、第3第4の腕とも言われるペダルを、手指と同等に感じることが、今まで出来なかったのでしょうか。

| | トラックバック (0)

2015年9月11日 (金)

ペダルの融合(9)~2009.4.25の記事~

右手、左手、デクレッシェンドを助け寄り添う為の左足の、徐々に踏み込む弱音ペダル、そして響きの清潔感の為に徐々に浅く調節していく右足のダンパーペダル・・・4本の腕が、それぞれ全く違う動きをしていながら、全てが緻密で完璧なバランス・・・それが理想です。

弱音ペダルはまた、ダンパーペダルと同様に、細やかな踏み替えも大切です。フレーズの締め括りに添えるようなウナ・コルダ・・・フレーズの最後の2~3音のみフレーズを閉じる感覚でフワッと踏む場合があります。輝きや煌めきの対比としての色合いを出したい時に、上澄みだけを掬うように踏む場合もあります。積み重ねられた歴史、過ぎてゆく時間の感覚を表す為に使う場合もあります。やはりN.S先生が仰っていたように、手の感覚と同様に足を第3第4の腕と感じ、繊細にペダルをつけることが大切なのだと思います。

(ペダルの融合10に続きます)

| | トラックバック (0)

ペダルの融合(8)~2009.4.25の記事~

グラデーション・・・という表現だったかどうかは曖昧なのですが、低音をタイで継続しながら演奏するような場合、その低音時に踏み込んだペダルを生かしつつ、高音域も清潔な響きを保つ為にグラデーションのように繊細にペダルを上げていきます。一般的なペダルの深さは2~3cmといったところでしょうか。全体の響きに耳を傾けながら、薄皮を剥ぐように、ジワジワとペダルを上げていきます。響きのバランスによって、その2~3cmの間をmm単位で調節するような感覚です。響きとペダルとの、完全な一体感を目指します。

グラデーションのようなペダリングは、デクレッシェンドで弱音ペダルを踏み込む時等も同様です。デクレッシェンドに寄り添うように、少しずつペダルを深く踏んでいきます。

ダンパーペダルと弱音ペダルが、同時に逆のグラデーションとなる場合もあります。どちらもとても繊細なペダルです。

| | トラックバック (0)

当ブログについて&コメントBOX

当ブログを御訪問くださる皆様、いつもありがとうございます。 前auブログと同様、記事毎のコメント欄は閉じております。auブログは2011年3月に完全閉鎖となりました。こちらは2010年11月21日に開設させて頂きましたが、auでの過去記事を少しずつ移しながら、新しい記事も投稿している為(タイトルの後に日付が入っているものが過去記事です)わかりにくくて申し訳ありません。 過去記事はカテゴリー一覧からお入り下さい。記事は、内容毎に細かくカテゴリー分けしております。auブログでは、ピアノ曲についての記事と長女のレッスンについての記事を、同じピアノのカテゴリーに入れていましたが、こちらではレッスン記録は、長女次女共新たに「レッスン」というカテゴリーに整理し、長女の幼稚園からの記録も全て移行したいと考えています。私の書き散らしたもの等は「物語」というカテゴリーに入っており、まだ移していない長女の創作童話もこちらに入れる予定です。 尚、頂いたコメントのお返事は、クロスコメントではなく、こちらにさせて頂きたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願い致します(この記事は定期的に更新致します)

| | コメント (49)

2015年9月 5日 (土)

美しい人

美しい人
いつも花と人に囲まれていた、素敵な方の笑顔が思い出となって一年が経ちました。美しい花がお好きだったあの方は、今もきっと花を愛でていらっしゃることでしょう。

| | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2015年10月 »