« 当ブログについて&コメントBOX | トップページ | ペダルの融合(9)~2009.4.25の記事~ »

2015年9月11日 (金)

ペダルの融合(8)~2009.4.25の記事~

グラデーション・・・という表現だったかどうかは曖昧なのですが、低音をタイで継続しながら演奏するような場合、その低音時に踏み込んだペダルを生かしつつ、高音域も清潔な響きを保つ為にグラデーションのように繊細にペダルを上げていきます。一般的なペダルの深さは2~3cmといったところでしょうか。全体の響きに耳を傾けながら、薄皮を剥ぐように、ジワジワとペダルを上げていきます。響きのバランスによって、その2~3cmの間をmm単位で調節するような感覚です。響きとペダルとの、完全な一体感を目指します。

グラデーションのようなペダリングは、デクレッシェンドで弱音ペダルを踏み込む時等も同様です。デクレッシェンドに寄り添うように、少しずつペダルを深く踏んでいきます。

ダンパーペダルと弱音ペダルが、同時に逆のグラデーションとなる場合もあります。どちらもとても繊細なペダルです。

|

« 当ブログについて&コメントBOX | トップページ | ペダルの融合(9)~2009.4.25の記事~ »

ピアノ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1437091/61563371

この記事へのトラックバック一覧です: ペダルの融合(8)~2009.4.25の記事~:

« 当ブログについて&コメントBOX | トップページ | ペダルの融合(9)~2009.4.25の記事~ »