« ペダルの融合(10)~2009.5.1の記事~ | トップページ | ペダルの融合(12)~2009.5.3の記事~ »

2015年9月12日 (土)

ペダルの融合(11)~2009.5.2の記事~

音高音大の7年間、そしてその前の受験準備期間の3年間のおよそ10年を振り返ってみると、S.D先生の御言葉ではありませんが、弱音ペダル禁止令が、暗黙の了解であったように思います。受験の課題曲3曲共、只の一度も弱音ペダルを踏むように言われたことはありませんでしたし、それは音高に入ってからも同じでした。指で表現するべき弱音をペダルで助けるのは怠けている・・・というような雰囲気がありました。ダンパーペダルについては様々な先生に細々と指導して頂きましたが、弱音ペダルはそうではありませんでした。その頃からキャリアを積んでいたら、N.S先生のレッスンの時、もっと沢山の素晴らしいペダリングを教えて頂けたのではないかと、それだけが悔やまれます。以前書かせて頂いた記事「エッセンス」と少し重複してしまうかもしれませんが、あの時の私には、先生の素晴らしいペダルのイメージ、独立した芸術とも思われる程の技術を受け取れるだけの下地がなかったのです。

|

« ペダルの融合(10)~2009.5.1の記事~ | トップページ | ペダルの融合(12)~2009.5.3の記事~ »

ピアノ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1437091/61582905

この記事へのトラックバック一覧です: ペダルの融合(11)~2009.5.2の記事~:

« ペダルの融合(10)~2009.5.1の記事~ | トップページ | ペダルの融合(12)~2009.5.3の記事~ »