声楽

2011年7月19日 (火)

声質と演技力(3)~2008.11.18の記事~

ミミの心で歌うのではあっても、剥き出しの感情ではなく、オペラという芸術作品の一部としての、美しくデフォルメされたものであるべきです。また、そうしてこそ、ミミという心も姿も美しい女性のキャラクターが生きてくるのです。プッチーニ特有の、メロディーというよりも、エヴァンゲリストのような語り口の部分は特に、演技を意識し過ぎると、ミミの清潔さが失われてしまうような気がします。このアリアはミミの性格そのものなのです…その優しく柔らかいメロディーは、歌詞との連動も素晴らしく、春の雪解けと太陽の暖かさの感動を語るところでクライマックスを迎えます。

「il primo bacio dell′aprile e mio!(4月の最初の接吻が私のものなのよ!)」

厳しい冬の後の春の喜び・太陽の暖かさ・生命の息吹きが、オーケストラと共に輝きを増して表現され、春を待ち焦がれる思いに、私達も強く共感するのです。

(声質と演技力4に続きます)

|

声質と演技力(2)~2008.11.13の記事~

「Si,Michiamano Mimi(ええ、皆は私をミミと呼びます)」
「Si」英語で「Yes」に当たるイタリア語ですが、最初のこの「Si」が非常に難しいのです。社会人になってから教えて頂くようになったY・S先生に、数年振りにこの曲を課題として出された時「Si」と歌い出した私は「側にいるロドルフォが感じられないわ」といきなり止められました。オペラの一幕に降り立ったかのような臨場感を求められていたのだと思います。控え目な静かな歌い出しではあっても、舞台からオーケストラボックスを越えて会場の隅々まで行き渡る響きが欲しい、とも…持って生まれた声帯、個性としての歌心、そして歌う技術。加えて演技力が必要となります。ここで言う演技力ですが、声楽という表現方法を最大限に生かした、余分な感情を削ぎ落とした洗練されたものでなくてはならないと思います。側にいるロドルフォに生々しく語りかけるのであれば、それは演劇のほうが良いのであって、オペラという表現方法を使う意味がないと思われるからです。

|

声質と演技力(1)~2008.11.10の記事~

プッチーニ
歌劇「ラ・ボエーム」より


一時期、ピアノ以上に、声楽に打ち込んでいた時がありました。音高・音大の7年間はいつも課題に追われていて、じっくりと一曲に取り組むことがなかなか出来ませんでした。自分のペースで勉強出来るようになったのは、社会人になってからです。

発声練習後、コンコーネを1曲、リートを3~4曲、アリアを1~2曲…レッスンの内容はだいたいこのような感じでした。

声楽の場合は楽器を選ぶことが出来ない為、持って生まれた声帯で、自分の声域内の曲を歌うしかありません。特にアリアはリートと違って移調することが出来ませんので、自ずと歌える曲も決まってきてしまいます。

私の最も好きなオペラ「ラ・ボエーム」のミミのアリアを初めてレッスンの課題として頂いたのは、大学に入ってからでした。可憐で控えめで、暖かい愛情に溢れた美しい乙女ミミ…肺を患い、後に愛する人に自ら別れを告げる薄幸の人…そんなミミが、初めてロドルフォに自分のことを語る、あまりにも有名な「私の名はミミ」ロドルフォに促され、控えめに語り始めるのです…

|